スマホホルダー車で違反になるのはここへの取り付け! 楽天で買えるおすすめ4選も紹介

私の車にはカーナビが付いていますが、ちょっと前のもので、情報の更新をしていないので初めての道を走るときはちょっと不安を感じます。
そんなときに便利なのが、スマホのカーナビアプリ。

ただ、運転中に手に持ってみることはもちろんできません。
スマホホルダーという便利なものも出ていますが、どこにつければ違反にならないのか心配ですよね。

今回は、スマホホルダーの違反になってしまう車の取り付け位置と楽天で買えるおすすめ商品を紹介したいと思います。

【楽天】スマホホルダーランキング

スマホホルダー取り付け位置ここは違反!!

スマホホルダー取り付け位置で違反になるのは、ずばりフロントガラスです。

道路運送車両の保安基準によると

第29条第4項

前項に規定する窓ガラスには、次に掲げるもの以外のものが装着され、貼り付けられ、塗装され、又は刻印されていてはならない。
一   整備命令標章
一の二 臨時検査合格標章
二 検査標章
二の二 保安基準適合標章(中央点線のところから二つ折りとしたものに限る。)
三 自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)第9条の2第1項(同法第9条の4において準用する場合を含む。)又は第10条の2第1項の保険標章、共済標章又は保険・共済除外標章
四 道路交通法第63条第4項の標章
五 削除
六 前各号に掲げるもののほか、運転者の視野の確保に支障がないものとして告示で定めるもの
七 前各号に掲げるもののほか、国土交通大臣又は地方運輸局長が指定したもの

このうち、六(6号)で述べている告示の内容は

道路運送車両の保安基準の細目を定める告示第39条第3項より

ガラスへの装着、はり付け、塗装又は刻印に関し、保安基準第29条第4項第6号の告示で定めるものは、次の各号に掲げるものとする。
一 車室内に備えるはり付け式の後写鏡
二 道路等に設置された通信設備との通信のための機器、道路及び交通状況に係る情報の入手のためのカメラ、車両間の距離を測定するための機器、雨滴等を検知して窓ふき器を自動的に作動させるための感知器又は受光量を感知して前照灯、車幅灯等を自動的に作動させるための感知器であって、次に掲げる要件に該当するもの
 イ 専ら乗用の用に供する乗車定員10人以下の自動車(以下本条において「乗用自動車」という。)にあっては、次の(1)又は(2)に掲げる範囲にはり付けられたもの
  であること。ただし、前面ガラスの上縁であって、車両中心線と平行な鉛直面上のガラス開口部の実長の20%以内の範囲にはり付ける場合にあっては、この限りでない。
 (1) 運転者席の運転者が、別添37「窓ガラスの技術基準」2.9.に規定するV1点から前方を視認する際、車室内後写鏡により遮へいされる前面ガラスの範囲
 (2)別添37「窓ガラスの技術基準」2.8.に規定する前面ガラスの試験領域B(以下「試験領域B」という。)及び試験領域Bを前面ガラスの水平方向に拡大した領域以外の範囲
 ロ 乗用自動車以外の自動車にあっては、次の(1)又は(2)に掲げる範囲にはり付けられたものであること。ただし、前面ガラスの上縁であって、車両中心線と平行な鉛直面上のガラス開口部の実長の20%以内の範囲にはり付ける場合にあっては、この限りでない。
 (1) 運転者席の運転者が別添37「窓ガラスの技術基準」2.9.に規定するO点から前方を視認する際、車室内後写鏡により遮へいされる前面ガラスの範囲
 (2)別添37「窓ガラスの技術基準」2.8.に規定する前面ガラスの試験領域I(以下「試験領域I」という。)及び試験領域Iを前面ガラスの水平方向に拡大した領域以外の範囲
三 公共の電波の受信のために前面ガラスにはり付けるアンテナ。この場合において、乗用自動車であって別添37「窓ガラスの技術基準」2.8.に規定する前面ガラスの試験領域A(以下「試験領域A」という。)又は試験領域Bにはり付ける場合にあっては、次のイ又はロに掲げる要件、乗用自動車以外であって試験領域Iにはり付ける場合にあっては、ハに掲げる要件を満足しなければならない。
 イ 試験領域Aにはり付ける場合にあっては、機器の幅が0.5mm以下であり、かつ、3本以下であること。
 ロ 試験領域B(試験領域Aと重複する領域を除く。)にはり付ける場合にあっては、機器の幅が1.0mm以下であること。
 ハ 試験領域Iにはり付ける場合にあっては、機器の幅が1.0mm以下であること。
四 窓ふき器の凍結を防止する機器であって、次に掲げる要件に該当するもの
 イ 乗用自動車にあっては、試験領域B及び試験領域Bを前面ガラスの水平方向に拡大した領域の下端より下方の範囲にはり付けられたものであること。
 ロ 乗用自動車以外の自動車にあっては、試験領域I及び試験領域Iを前面ガラスの水平方向に拡大した領域の下端より下方の範囲にはり付けられたものであること。
五 駐留軍憲兵隊の発行する自動車の登録に関する標識
六 前各号に掲げるもののほか、装着され、はり付けられ、又は塗装された状態において、透明であり、かつ、運転者が交通状況を確認するために必要な視野の範囲に係る部分における可視光線の透過率が70%以上であることが確保できるもの。
七 自動車に盗難防止装置が備えられていることを表示する標識又は自動車の盗難を防止するために窓ガラスに刻印する文字及び記号であって、側面ガラスのうち、標識又は刻印の上縁の高さがその附近のガラス開口部(ウェザ・ストリップ、モール等と重なる部分及びマスキングが施されている部分を除く。以下、本条において同じ。)の下縁から100mm以下、かつ標識又は刻印の前縁がその附近のガラス開口部の後縁から125mm以内となるように貼付又は刻印されたもの

つまり、
・車検ステッカー
・ルームミラー
・ETCアンテナやドライブレコーダーなど(貼り付けの範囲あり)
・テレビやナビなどの公共電波受信アンテナ(貼り付けの範囲あり)
・曇り止め(貼り付けの範囲あり)

等はOKですが、それ以外はNGですので、フロントガラスの下部あたりがちょうど邪魔にならなくていいかも!なんて思っても違反になってしまうので気をつけてくださいね。

ダッシュボードやエアコン吹き出し口などがちょうどすぐ見える位置にあり、違反にもならないので良さそうですね。ただ、位置が違反していなくても、画面を注視してしまうと、その行為が違反となってしまうので、使うときにはくれぐれも注意が必要です。

道路交通法より
 (運転者の遵守事項)
第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
 五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

スマホホルダー楽天で買えるおすすめ4選は

楽天1位の人気商品。
奥行き調整アームがついているので好きな位置に取りつけられ、耐久性も高いので、運転していても落ちる心配をすることはありません。その強靭さは耐荷重1kg!しかも、吸着力は何度でも洗い直すことで復活します。
あと、着脱がわずか1秒で可能なのも嬉しいですよね。たとえば、きれいな景色を見つけたら、さっと車から降りて、今度はカメラとしてスマホが使えます。

スマホホルダーをエアコン吹き出し口に付け、あとはスマホホルダーにスマホ本体を近付けるだけです。スマホホルダーはマグネットになっており、簡単に付けることができます。
さらにこの商品のいいところは、スマホホルダーごと車から降ろして、スマホスタンドとしても活用可能なところ。クッ○パッドなどでレシピを見たい時に、今までは、いちいち手を洗ってスマホを持ちあげて確認して、また手を洗って料理を再開・・・なんて面倒臭い事をしていたので、スタンドになればとても助かります。1台で車でもリビングでも使えるのは嬉しいですね。

こちらもマグネットでスマホを付けるタイプのものですが、車から取り外すことはできません。3M両面テープで車に取り付けます。車以外ではスタンドは使わないという人、車での落下の心配を少しでもなくしたい人にはおすすめですね。

滑り止めがついたスマホホルダー。車のダッシュボードなどにスマホホルダーを載せ、その上にスマホを置きます。斜めになっている場所でも固定できるので、シールなどを使いたくない人にはおすすめ。安さカラーの可愛さがすてきです(#^.^#)

おわりに

いかがでしたか。

スマホのナビって本当に便利で、たとえばナビの付いてない職場の車で初めての場所に出張に行くときなど、大いに役立ってくれます。ただし、スマホスタンドがないので音声のみでの活用ですが…

いろんな車、いろんな場所で使う場合は、取り外し可能なタイプがいいですよね。
でも、自分の車専用の物を置いても便利だろうし…迷ってしまいますね。イイものがたくさん出ているので、大いに悩むのも楽しめそうです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする