ドライヤー楽天売れ筋おすすめ3選を比較!選び方や効果は?

ドライヤーって割と買い換え頻度が高いのですが、そのたびにいろいろな機能が追加されたドライヤーが新しく売られていて、何を買ったらいいのか、迷ってしまいますよね。

今回は、楽天での売れ筋ドライヤーの中から、おすすめの3つについて、比較してみたいと思います。

楽天ドライヤー最新ランキングはこちら
【楽天】最新ドライヤーランキング

おすすめ3つのドライヤーについて

①ルーヴルドー 復元ドライヤー LJ-365

マイナス電子、育成光線を放出する今話題の復元ドライヤーです。髪をさらさらにするだけでなく頭皮の血行もよくし、トータルで髪の健康と美しさを目指すドライヤーです。また、振動気化乾燥方式で水分子を活性化させて速乾を実現しています。

②パナソニック ヘアドライヤー「ナノケア」 EH‐NA58‐PP (ペールピンク)

マイナスイオンと比べ約1000倍の水分量(体積比)、弱酸性の特徴を持つナノイーを放出するドライヤー。マイナスイオンは手触り感をアップしますが、ナノイーは髪の強度をアップします。

③ダイソン ヘアドライヤー Dyson Supersonic HD01 ULF IIF

何といってもその特徴的な形が印象的なドライヤーですよね。もちろん、機能的にも◎で、頭皮まで届く強い風ではやく乾かし、マイナスイオンで髪はしっとりさらさら、静電気を抑えます。

おすすめ3つの比較

いろいろな機能が付く上記ドライヤーですが、選ぶときのポイントとして見ておきたいのは、風量、温度、重量、痛まないか、そして、価格。
上記ドラ―ヤーについて、順に見ていきたいと思います。

風量
①大風量と記載あり。
②(ターボ時): 1.2m3/分(AC100・200V時)、1.4.m3/分(AC120・240V時) ③のダイソンに比べればそれほど強くはない。
③風圧の強いパワフルな風との説明あり。2.4 m3/分

温度
① HIGHモード:80℃ 温風  LOWモード:65℃ 温風
②約80℃(AC100・200V時/ターボ時/室温30℃の時) 約95℃(AC120・240V時/ターボ時/室温30℃の時)
③高温(温度3)+弱風(風量1)=100℃ 高温(温度3)+中風(風量2)=88℃ 高温(温度3)+強風(風量3)=78℃ 中温(温度2)=62℃ 低温(温度1)=45℃

※ダイソンが一番温度が高くなりますね。ただ、高い温度は髪の毛のキューティクルを脆くしてしまうので、温度は高ければいいというものでもありません。

重量
①715g
②545g
③630g

※重量はナノケアに軍配あり。復元ドライヤーに比べて170g軽量です。

痛まないか
・・・と言われれば、、今は各社様々な痛まない工夫をしてますが、独自の特徴は以下のような感じです。
①「育成光線」と「マイナス電子」で総合的な髪の美しさを目指す
②弱酸性のナノイーでしなやかな髪へ
③マイナスイオンで静電気を抑制

価格
①12,413円(税込、送料無料)
②15,800円(税込、送料別)
③44,600円(税込、送料無料)

※ダイソン、圧倒的な高値(ーー;)

おわりに

いかがでしたか。
いまやただ乾かすだけのドライヤーではなく、いかに髪の健康や美しさを目指すかもドライヤーの大切な役割になっていますよね。

何を一番重要ポイントにするのか、決めてから選ぶといいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする