ムーンダストのアレンジメント『ヴィオレット』青いカーネーション・品質保証書付の特徴やおすすめポイントは

「母の日にカーネーション」は定番でもちろん喜ばれるお花ですよね。
今年はお母さんをもっと喜ばせ驚かせてみてはいかがでしょうか。

青いカーネーション ムーンダスト というのがあるのですが、とっても不思議でとってもきれいなお花です。

今回はムーンダストについて紹介したいと思います。

ムーンダストの誕生と特徴は

サントリーとオーストラリアのフロリジン社(2010年 活動休止)との共同開発により開発した世界唯一の青いカーネーション、それがムーンダストです。青いバラの開発過程で生まれた花で、バイオテクノロジーを用いた近代的なお花と言えるのではないでしょうか。

花言葉は「永遠の幸福」

大好きなお母さんに贈るのにこれ以上はないステキな言葉とともに贈れますよね。まさに幸せの贈り物と言って過言ではありません。

ムーンダストのアレンジメント『ヴィオレット』 おすすめポイントは

こちらのお店では通常のムーンダスト8本入りからサイズアップが可能です。ご自身の予算や、お母さんが飾るであろう場所などからお好きなサイズが選べます。

4種類の青を使用し、アレンジメントのなかでそれがまるでグラデーションのようにきれいに咲き誇っています。ちなみに4種の色とは、アクアブルー、ライラックブルー、プリンセスブルー、ベルベットブルーです。

日付指定も可能。お花の管理説明書と品質保証書、メッセージカードが付いていてギフトにするには本当にありがたいです。早期予約ならフリーメッセージも選択できます。送料も無料です。

実際に見た人の感想は

実は私、数年前にムーンダストを実家で見ました!
というのも、妹が母の日ギフトで贈っていたのです。私もそのときもネットでチェックしていていいなぁと思っていたのですが、いつも母に希望ギフトを聞いていて、その年はエプロンをプレゼント。別の何かの機会に贈ろうかなと思っていたら妹に先を越されていたのです(^_^;) 

リビングのテーブルの真ん中に置かれていましたが、青の迫力がすごくて、一瞬で目を奪われました。簡単な言葉ですが、本当にきれいでした。母もすごく喜んでいて、家の雰囲気が高級な感じになる!と言ってました^^

花にも気品の高さってあるんだなって、そのときふと思ったものです。

お店のページにもありますが、ムーンダストは花持ちがいいんです。母も長く楽しめたようで、しばらく後に別の用事で電話をしたら、まだきれいに咲いているととても嬉しそうに話していました。

つくづく妹はいいプレゼントを贈ったな、とちょっと嫉妬したものでした(笑)

まとめ

いかがでしたか。
カーネーションの種類で迷っているならムーンダストは本当におすすめです。まずはゆっくり写真で見て検討してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする